tm300911のブログ

住居近くの四季の小さな自然や風景写真・旅行・撮影会の写真

比衣写真部屋-12


こんにちわ。
比衣写真部屋です。今回も4/25に行った津島市天王川公園の藤です。津島へは自宅の最寄り駅から乗り継いで津島まで行ったのです。津島天王川公園の最寄り駅は名鉄津島駅です。名鉄津島駅へは自宅の最寄り駅からは名古屋経由か岐阜から尾張一宮経由がありますが、名鉄津島線の乗ったことがないのと、名古屋経由より比較的空いているだろうと理由で岐阜から尾張一宮経由で津島に向かいました。尾張一宮まではなんとか我慢しましたが、津島線乗換時に発泡酒を買い津島線に乗車津島に向かいました。前置きはこれくらいで1枚目の写真です。藤棚ではなく山藤のような大きな藤の木の頂部の藤花を狙った1枚です。

次も藤棚ではない、藤の木です。奥に藤棚も見えます。この写真では、勿論、藤花もですが、放射線上の伸びる枝ぶりが面白く撮影したものです。

次は藤棚の外枠の部分的にクローズアップした藤棚の模様です。藤花といえば青紫色が通り相場ですが白色の藤花がありましたので撮影しました。

2枚目も白い藤花です。

3枚目は、青紫色でこれぞ藤花だと雰囲気のものでより色濃くスカイブルーの空を入れた1枚です。

ここの藤棚の魅力は、藤棚の中に水路があり、橋があるということだと思います。次の写真では藤棚と水路、散花した藤花が浮かぶ水面、橋を撮影したものです。

次は、青紫色が色濃く比較的大きく藤棚から垂れ下がった藤花を撮影したものですが、必要なのでしょうが、梁の赤茶色が気に入りませんが。

次が、津島天王川公園、藤棚、藤花の終わりの写真になります。藤棚から垂れ下がる藤花を大きく捉えたものです。

バックの木々はボカし藤花が浮かぶように撮影しました。
次回の比衣写真部屋は、同じ藤花ですが撮影場所を江南市の曼荼羅寺に移し撮影したものをアップする予定です。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。