tm300911のブログ

住居近くの四季の小さな自然や風景写真・旅行・撮影会の写真

比衣写真部屋-21

こんばんわ。比衣写真部屋です。今回も、身近な小さな自然から自宅庭&自宅付近です。今回の写真の撮影もカメラEOS7D レンズEF100㎜マクロです。1枚目の写真です。散水をした後の庭花壇に咲いているスズランです。
 

水玉がスズランに付着している様、マクロレンズで撮影しましたのでバックは当然バックがボケます。この写真では、後のボケた葉についた水が玉ボケになり光線の加減で光っています。次の写真は、葉の緑色一色をバックにし、白色のスズランを浮かび上らせ撮影したものです。

次の写真は、自宅庭から出て、近所の原っぱで撮影したものです。たんぽぽの綿毛を撮影したもので綿毛の繊毛部分に光があたり、白色の綿毛が光っている様子をバックをボカして綿毛が浮び上るように撮影したものです。種が散らない球体の綿毛もいいのですが、私は、一部繊毛の種が飛び、球体の形が欠けたような綿毛を好んで撮影します。

次の写真は、同じたんぽぽの綿毛です。中心部分を拡大した、マクロレンズ撮影ならではの写真です。たんぽぽ綿毛の繊細を表現したものです。

次は、再び、自宅庭に戻り雑草の種類に分類にされますが、直径1cm程の小さな花でカタバミという名の花で、この時季、公園、原っぱ、土手等でよく見かける花を撮影しました。花びらに付着している水玉が面白く撮影したものです。縦、横位置の2連です。

この2連の写真では、かたばみの花びらの質感がビロードように写っている様がレンズの威力かなと感じいっています。今回は、以上です。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。