tm300911のブログ

住居近くの四季の小さな自然や風景写真・旅行・撮影会の写真

比衣写真部屋-44

おはようございます。比衣写真部屋です。今日は休みなので朝からプログの更新です。今回から少しの間は猫です。というのは、自宅庭、私の部屋の後に納屋というか倉庫を設置しています。その倉庫は金属製なので直接地面に設置すると錆がくるので、ブロックでかさ上げして設置しています。当然ながら倉庫床面と地面の間に約10~20㎝程度の隙間があります。倉庫と地面の隙間が猫のとっては居心地がいいのか、身を隠すのにいいのか、去年と今年と野良猫とおぼしい猫が出産し子育ての場としています。以前、私の家でも猫を飼っていました。その猫は雄猫でしたが驚いたり、怪我をしたり、体調が悪い時は倉庫の下によくすくんでいました。又、飼い猫が健在の時は自宅庭、勿論、倉庫下も飼い猫のテリトリーでしたので他の猫を寄せつけませんでしたが、飼い猫が居ない現在は先に書きました野良の母猫のテリトリーのようです。ということで1枚目、2枚目の写真は今はなき飼い猫の雄姿からです。

飼っていた猫は、雑種、今はミックス猫というそうですが、通称とら猫とペルシャ猫が混じった雑種猫でした。飼い猫がテリトリーを闊歩し巡回中しているところで2011年に撮影したものです。ちなみにこの飼い猫は享年17歳で人間の年齢に換算すると90歳前後になるそうです。次からは昨年5月に撮影しました、現在、自宅庭をテリトリーとしている野良の雌猫と昨年生まれた子猫たちです。

母猫がかいがしく子猫を舐めているところで、舐められている子猫はオッパイをさがしているようにみえます。茶虎の子猫は倉庫のしたが興味津々らしく倉庫のしたを覗きこんでいます。次の写真は、母猫がカメラを向ける私に気付き子猫をかばい威嚇している様で2連です。

次の写真は、私と距離も離れており、威嚇を一旦収めましたが、何かされまいとジッーと凝視している様子です。

次回以降も続く、これらの猫の撮影は、私の部屋の窓から望遠ズームを使用し撮影したもので撮影位置から猫までは3~5m程度あります。次回以降も猫の写真は続きます。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。